FC2ブログ

ブルートレインと絵入りマーク

寝台列車とテールマーク

最近は、ブルートレインと呼べる夜行列車がサンライズのみとなり、ブルートレインと呼ばれた20系客車を筆頭とする寝台列車はことごとく消えてしまいましたが、ブルートレインに絵入りマークが採油押されたのは何時頃だったか覚えていますか?
ちなみに、電車のヘッドマークは昭和53年10月の改正からだそうです。
もっとも、電車の場合はボンネット型への導入は当初は見送られていましたが、やがてボンネット車にも広がっていきましたが、ブルートレイン客車も、当初は14系24系は絵入りマークになりましたが、20系客車は国鉄時代は最後まで絵入りになりませんでしたが、JR発足後は24系客車などのマークを参考に絵入りマークが設けられたようです。

20系出現当初は、字幕のみ

20系客車は、特急こだま【151系】と同じ昭和33年に誕生しました、151系が万全の体制を取るため1か月試運転に充てたため実際のデビューは11月になりましたが、20系客車は一足早く10月から営業運転に就くことになりました。
20系客車では、車両の両端に「あさかぜ」の文字を入れて、扡色を水色にしていました。
その後の「さくら」は、地色をピンクだったかと思います。
みずほは、下記のように水色の黄文字でしたが、富士以降はシンプルに白地に青文字になりました、
昭和38年7月号の鉄道ピクトリアル表紙をキャプチャしたものです
画像は、昭和38年7月号の鉄道ピクトリアル表紙をキャプチャしたものです。

14系客車からは、テールマークが巻き取り式に

14系寝台車は12系客車をベースに寝台車の幅を52cm→70cmに拡大した車両で、省力化が図られ、寝台の自動昇降装置など新機軸が盛り込まれていました。
また、分散電源方式になったことが大きく、従来の客車と異なる点でした。
また、従来の内側から取り替える方式から、簡易な愛称表示幕になりました。
14系客車は583系等と同
じ手動式の表示幕であったそうです。
その後、北陸トンネル事故の反省から再び集中電源方式に戻され、24系が誕生しますが、一部区間では引き続き分割が必要な運転区間があることから、二段式寝台として14系15形が誕生した以外は基本的には24系を中心として増備されることとなり、二段式の24系25形、国鉄時代の標準的な寝台車として君臨することになりました。
これらの車両は、当初は文字だけの味気ないものでした。
昭和50年には、ボンネットを形電車を除く、特急電車に絵入りマークが表示されましたが、寝台列車は引き続き、文字だけの表示が続きました。
当時は、ヘッドマークも東京機関区の車両以外は作業数が増えるとして着用を拒否した時代であり、何とも味気ない雰囲気の時代が続きました。
そんな中、昭和54年7月1日から寝台列車にも待望のテールマークが設置されました。(私のミスで昭和57年と書いておりましたので訂正いたします。複数の資料で確認済)
昭和4年に、特急富士・櫻にテールマークが制定されて50周年となることを記念して7月からブルートレインにも絵入りのテールマークを作成したとされています。
国鉄線 昭和54年7月号の記事から引用

下記は、当時の鉄道雑誌の付録として付いてきた、寝台車のテールマーク一覧をキャプチャーしたものです。

余談ですが、国鉄末期、昭和60年頃20系の臨時特急として、日本海・明星などが運転されましたが、この列車には、14系以降の客車同様の絵入りマークが掲出されていました。
これらは、客車区のオリジナルだったようで、何種類かのバージョンがあったようです。

当時の鉄道雑誌の付録として付いてきた、寝台車のテールマーク一覧をキャプチャーしたものです
新たに製作された、紀伊は、那智の滝を表現しているらしいです。
*****************************************************************
取材・記事の執筆等はお気軽にお問い合わせください。
下記、入力フォームからお送りいただけると助かります。
http://jnrera3.webcrow.jp/contact.html

日本国有鉄道研究家・国鉄があった時代
http://jnrera3.webcrow.jp/index.html
***********************************************************
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

加藤好啓

Author:加藤好啓
みなさま、こんにちは。日本国有鉄道研究家、鉄道ジャーナリスト加藤好啓です。
地方鉄道を活性化することで、地方を再生できないかと言うことで研究とともに提言活動などもさせてもらっております。
将来は地方政治家としての転身を目指しています。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
猫の時計

by Animal Clock
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード