FC2ブログ

新・寝台列車論 終戦直後の夜行列車事情 第3話 

簡単ではありますが、東海道線を中心とした、夜行列車の運転史をご覧いただこうと思います。

寝台列車論からは脱線していますが、流れとして知っておいていただきたいので敢えて脱線させていただきます。

決戦輸送時のダイヤ改正と、夜行列車

昭和19年の復刻版時刻表を参照しますと、開戦前に運転されていた15・16列車【名士列車】などは姿を消して、座席中心の夜行列車のみが残っています。
門司行き 5列車 東京発 20:00 門司着 21:15
広島行き(呉線経由)7列車 東京発 21:00 広島 17:00
大阪行き 103列車 東京発 22:00 大阪 9:42
以上急行列車
鳥羽行き 241列車 東京発 22:10 鳥羽 8:50
広島行き 41列車   東京発 22:40 広島 21:50
広島行き(呉線経由)東京発 23:10 広島 23:57

と言った列車が東海道線区間の夜行列車と言えそうです。
img022.jpg
当時の時刻表【復刻版】から引用

終戦と夜行列車

太平洋戦争【大東亜戦争】は、昭和20(1945)年8月15日に、日本の無条件降伏という形で終結を迎えたわけですが。
翌年の昭和21年8月の時刻表を参照しますと、不定期列車を含めて、急行列車が6本【うち2本は不定期列車】が走っており、朝に出発する、博多行き1列車は、8:30に東京を出て、博多には11:30(もちろん、翌日)で、2・3等急行となっています。
その後は、101列車【大阪行き】が9:30に東京を出発し、大阪には20:47ですので、ほぼ12時間かかっています。不定期列車がありますが、それを省略して次は夜行列車として、5列車、門司行き急行が20:00発となっています。こちらも終着門司には、21:15ですので、25時間以上かかっていることになります。
その後、不定期の7列車【大阪行き】が21:00に出発しますが、定期列車としては、103列車が2・3等急行として、東京駅を21:40に出発、大阪には翌朝9:50であり、12時間の所要時間となっています。
いずれの定期列車も寝台車などは全く連結されておらず、2・3等客車だけでした。
ちなみに、この列車が、その後戦後の名士列車と呼ばれた、13・14列車のベースとなりますので、注目しておいてください。
img020.jpg
他にも、普通列車として現在は臨時列車でしか運転されない「ながら」の前身、149列車や、鳥羽行き241列車なども注目に値するかもしれません。

石炭不足の影響で、国鉄では昭和21年から何度かに渡って列車削減を行うのですが、この辺の事情がすっきりしませんでしたので、改めて調べてみました。
寝台列車論から離れますが、出来るだけ集約して書かせていただきます。

石炭不足が起こった背景は、元々終戦後炭鉱従事者の職場離脱等で出炭量が減少、当時は国鉄以外の産業は殆ど復興していなかったため、出炭=国鉄での消費で大きな差異は生じなかったのですが、産業が復興して鉄鋼などでも多くの石炭を使用するようになると、国鉄へ納入される石炭も不足気味となり、低カロリーの泥炭なども使用されたため、規定の速度が出せずにダイヤも乱れがちであったと言われています。
そのような理由から、国鉄では昭和20年以降、石炭の入手が困難となり、特に冬期は煖房も必要となるため更に石炭の消費は増えるわけで、昭和21年末頃にには大幅な列車抑制が行われました。
昭和21年6月の復刻版を参照しますと、これでもかという程列車が削減されているのが確認できます。
再び、昭和22年6月号の復刻版時刻表を参照したいと思います。
優等列車は僅かに2本、1列車、博多行き、東京を7:40に出発、博多には翌日の12:18到着約2時間ほどスピードダウンしているのが確認できます。
18:30東京発、門司行き、到着時刻は20:10であり、こちらは出発が早くなっていますがそれでも30分ほど余分に時間がかかっているようです。
ただし、、東京駅を21:40に出発する103列車などは運転されていません。
この時期が、国鉄に限らず日本国全体で深刻な石炭不足の時代であったと言えます。
img021.jpg
そして、この頃は営業列車自体は現在と比べるも無く少ないですが、貨物列車や、時刻表に掲載されない列車(復員輸送や、第3国人(中華人民共和国・台湾・朝鮮人)の帰還事業なども併せて行われていたことも知っておいていただきたいと思います。


戦後の名士列車に関しては、次回にお話をさせていただきます。m(_ _)m
*****************************************************************
取材・記事の執筆等はお気軽にお問い合わせください。
下記、入力フォームからお送りいただけると助かります。
http://jnrera3.webcrow.jp/contact.html

日本国有鉄道研究家・国鉄があった時代
http://jnrera3.webcrow.jp/index.html
****************************************************

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

加藤好啓(blackcat)

Author:加藤好啓(blackcat)
みなさま、こんにちは。日本国有鉄道研究家、鉄道ジャーナリスト加藤好啓です。
地方鉄道を活性化することで、地方を再生できないかと言うことで研究とともに提言活動などもさせてもらっております。
将来は地方政治家としての転身を目指しています。

FC2カウンター
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
猫の時計

by Animal Clock
ブロとも一覧
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード